落語との出会い 早朝のテレビ番組で見た桂歌丸さんの高座

スポンサーリンク

私が落語と出会ったのはもう二十年近く前になるでしょうか。それまで落語を聞いた事もなければ落語というものが何なのかさえ分かっていませんでした。

テレビもドラマかバラエティしか見てませんでしたし、学校の勉強などほとんどしていませんでしたから知らないのは当然です。。今思えば「寿限無」は学校で何かやってたかも?という記憶はかすかにあります。それが落語の演目と知ったのは結構後の話ですが。

名作 古典落語「寿限無」あらすじ

2016.10.17

夜更かしばっかしていた頃

十代の頃は、昼夜逆転の生活をしており、毎日遊んでは朝寝るような生活を送っていました。

ある日の早朝、いつものように布団に入って寝ようと思ったんですが中々寝れなくてテレビを付けたんですね。こんな早朝に面白い番組はないだろうと思いつつチャンネルを変えていると、落語の番組があったのです。何の番組かは覚えていませんが、落語には興味もなければ聞いた事もないので、チャンネルを変えようと思った時に登場したのが「桂歌丸」さんだったのです。

落語は知らなくても桂歌丸は知っている

これは今でも変わらないと思います。落語は聞いた事ないけど桂歌丸さんは知っているという方は多いと思います。

それが笑点という番組の凄さでもありますし、桂歌丸さんも笑点勇退の際に笑点で名前と顔を売ってもらったと言ってましたが、まさに私も笑点は父親とたまに見ていたので大喜利の出演者の顔と名前くらいは覚えていました。

先ほどの早朝の落語番組に出ていたのが桂歌丸さんじゃなかったら、恐らく見ていなかったでしょうね。落語に興味も無かったですし、笑点に出てる人が何やってるんだろうくらいの感覚だったと思います。

しかし、見てたら引き込まれる引き込まれる。何の演目だったか思い出せないのですが、全くの初心者でも面白くて引き込まれた事を考えるとテレビだから分かりやすい演目をチョイスしたのかな?演目は覚えてないけど起きて来た母親に落語なんか見てどうしたの?なんて言われたのを覚えています。

初心者にオススメの古典落語 分かりやすく笑える演目

2017.02.10

最後に

本当に落語を聞くようになったのは偶然で、あの時テレビを見てなかったら、高座に上がっていたのが桂歌丸さんじゃなかったら落語とは縁が無かったと思います。

きっかけなんですよね。落語もそうですし歌舞伎もそうですが、普通に生活していたらまず見る機会が無いんですよね。笑点で落語家さんは知ってるけど、寄席に足を運ぶのは何か勇気がいるものです。最近では歌舞伎役者の方もテレビで見る機会も多いので歌舞伎というものも身近になってはいますが、実際に見に行けるかというと中々ハードルが高いじゃないですか。

でも意外に敷居が高いようで寄席なんか気軽に行けるもんなんですよ実際は。ただ分からないだけなんですよね。

だからもっとテレビで落語もそうですし、他の伝統芸能の番組をやって欲しいなと思いますね。知らないだけという事って多いですから。伝統芸能こそテレビでどんどん放送して若い世代にも見てもらう事が大事だと思うんですよね。

落語を聞いた事のない方、これから落語を聞いてみようと思っているなら、桂歌丸さんの落語から聞いてみてはいかがでしょうか?演者が分かってる方が最初は聞きやすいと思うんですよ。桂歌丸さん知らない人はほとんどいないでしょうからおすすめです。

笑点とはまた違った歌丸さんの名人芸を是非ご覧頂きたいです。

スポンサーリンク