名作 古典落語「あくび指南」落語 あらすじ

スポンサーリンク

落語は実際に高座で見るのが一番!

本日、ご紹介する「あくび指南」はまさにその言葉がぴったりなお噺です。

テーマが「あくび」というだけあって、表情からしぐさ、そして『間』が、この噺の見どころですからね。

名人と呼ばれる方々は本当に『間』の取り方が絶妙なんですよね。

「あくび指南」は非常に人気のある演目ですので、数々の音源も発売されていますので、中々、寄席に足を運べないという方は、是非、音源で楽しんで頂きたい一席です。

古典落語 あくび指南

別名「あくびの稽古」と呼ばれている、人気古典落語の一つです。

昔は、「泥棒指南」「喧嘩指南」など数多くの指南噺があったようですが現在では「あくびの指南」くらいしか演じられる事はないようです。

ただ全てが無くなってしまったという訳でもなく、「あくび指南」のマクラで小噺として色んな指南所が出てきたりするので、寄席に行ってマクラが始まって「おっ、今日はあくび指南だ」ってなるのも嬉しい瞬間なんですよね。

あらすじ

何の習い事をしても、上手くはいかない、続かない男が、またしても習い事に通うという。

ただ一人では、ちょっと不安なので友人を誘うも、友人はどうも乗り気ではない。

それもそのはず、男が通うと言っているのは「あくび指南所」

あくびなんか勝手に出るもんで、なんで金出して教えてもらうんだと言う友人だが、だからこそ、奥が深いものがあるに違いないと、半ば無理やり友人を誘い、芸の先生宅へ向かう2人だった。

 

先生宅へ着き、稽古は始まるのだが、四季のあくびの中でも、最も簡単な夏のあくびから伝授すると言う。

船に乗っていると思って「おぃ、船頭さん。船を上手にやってくれぃ。堀から上がって一杯やって、夜になったら吉原でも行って遊ぶかぁ。。しかしこうも船に長く乗っていると退屈でフワ~ア」まぁこんな感じだ。

 

「なるほどね~上手いもんだ」

男は一生懸命、真似てやってみるが、どうも上手くいかない。。

何度怒られても、吉原の所で話は脱線するわ、あくびをする所でくしゃみをするわ、一向に進歩しない。。。

そうなるとつまらないのは、無理やり連れてこられた友人。

「お前らは稽古してるからいいけど、見てる俺は退屈でしょうがねぇよ。」

『ふぁ~ぁ』とあくびを一発。

それを見ていた、先生は・・・・・

私のおすすめは、大好き柳家さん喬さん。聞いてるだけで癒されるんですよね。

「あくび指南」はシンプルな話だけに、演者によって様々な演出を入れています。

同じ噺でも、落語家さんによって違う噺のように感じるのも古典落語の魅力ではないでしょうか。

スポンサーリンク