名作 古典落語「権兵衛狸」落語 あらすじ

スポンサーリンク

先日は、男と女の騙し合いをテーマにしたお噺をご紹介しましたが、本日は騙す動物のお噺です。

騙す動物としてまず思いつくのは「狸」や「狐」ですよね。

「狐」が登場するお噺は以前ご紹介した事がありますので、今回ご紹介するのは「狸」が出てくるお噺です。

狐が出てくるお噺はこちらからどうぞ

名作 古典落語「王子の狐」落語 あらすじ

2017.04.09

古典落語 権兵衛狸

先輩おじいさまに頂いた音源でよく聞いていましたね。この噺は。

移動の時はずっと落語を聞いてるので、もしかしたら「権兵衛狸」は結構覚えてるかもなんて思って書き出したんですが、恐ろしいほどに覚えていない。。。

結局聞き直す事になったのですが、落語家さんの凄さを改めて感じましたね。

あらすじ

江戸の郊外に住む権兵衛は一人暮らし。

一人暮らしともなると、近所の仲間連中のたまり場になるのは当然の流れで、今日も仲間が家に来て飲んで喋って楽しんでいた。

時間も遅くなり、そろそろお開きにしようか?なんて話になり仲間はそれぞれ家に帰って行く。

権兵衛は、そろそろ寝るかと、戸締りをして横になったとたん、トントンと戸を叩く音が聞こえてきました。

誰か忘れ物でもしたかな?権兵衛は起きて戸を開けるも誰もいない。。。

また横になる権兵衛だったが「トントン、権兵衛~」また起きて戸を開けるも誰もいない。。。もしかしたら、これは狸のいたずらか?と疑う権兵衛。

 

翌日の事、また横になって寝ようとすると「トントン、権兵衛~」よし来たな。もちろん戸を開けても誰もいない。

権兵衛は戸を閉め、布団に戻ったフリをして戸に手をかけ待ち伏せた。するとしばらくしてまた「トントン、、、」

その瞬間ガラッ!狸は部屋の中に転がりこんだ。

いたずらばかりしやがって、、狸に飛び掛かった権兵衛は、引っかかれながらもなんとか狸を縛り上げた。

お前の仕置きはゆっくり考えるか、、権兵衛はそのまま寝てしまった。

 

翌朝、村の者が権兵衛の家を訪ねた際に、縛り上げられた狸に気が付いた。

夕べの事を話すと村の者は「なるほど、近頃、人を騙す狸が出ると噂になっていたが、コイツだったか。狸汁にして食っちまうか!」

「いや、今日は父っつあんの命日だから、殺生はしたくはない。少し懲らしめて逃がしてやるよ」

源兵衛は狸をおろしてやり、剃刀で狸の頭の毛を全て刈り取って丸坊主にした。

「もう二度と悪さをするんじゃねぇぞ。」権兵衛は狸を逃がしてやった。

数日後・・・

その夜も、いつものように村の連中が来て飲んで喋って帰っていった。

さぁ寝るとするか、横になった権兵衛だったが「トントン、権兵衛さん~」

うん?権兵衛さん

戸を開けてみると狸。。。「何だ、またお前か、、まだ懲りてねぇのか!」

『いや、権兵衛さん。今夜は・・・・・』

オススメの音源

伝説の噺家、立川談志さん。テレビでの印象もあって私の周りでも賛否ある噺家さんですが、意外に談志さんの高座を見た事ないって方多いんですよね。テレビのイメージで判断していたりして。
私は、独特の世界観を持っている立川談志さんは大好きです。立川談志さんならではの古典落語の解釈、そして演じ方。まだお聞きになった事のない方は是非一度。名演をお聞き下さい。

こちらは、永久保存版DVDBOX!映像で見るとしぐさや表情。名人芸をより堪能出来ますね。もう高座で見れる事は叶いませんが、こうやって映像で残っている事が嬉しい事ですよね。

スポンサーリンク