名作 古典落語「宿屋の富」落語 あらすじ

スポンサーリンク

一攫千金。宝くじに夢を託して。

人生一度でもいいから宝くじで一等を当ててみたいですよね。私は、一時期よく買ってはいましたが、あまりにもかすりもしないので、いつしか買う事すらしなくなってしまいました。。。買わなきゃ当たらないんですがね。

昔から宝くじは存在していて宝くじを題材にした落語もいくつかあります。以前ご紹介した「富久」も富くじを題材にした噺。まだ聞いた事がない方はこちらも是非ご覧下さい。

名作 古典落語「富久 とみきゅう」あらすじ サゲ(落ち)

2017.02.15

ちなみに現在は宝くじと呼ばれていますが、本来は富くじです。

古典落語 宿屋の富

元々は上方落語の演目で、東京には三代目柳家小さんが持ち込んだと言われています。

上方では「高津の富 こうづのとみ」

高津の富も本当に面白いので是非両方聞き比べてみて下さいね。

あらすじ

馬喰町にある、流行らない宿屋に泊まった客が、入ってくるなり「千両箱の使い道に困って漬物石に使っている」だの「泥棒が入ったので好きなだけやると言ったのに、千両箱八十くらいしか持っていかなかった」などと物凄い事を物凄い勢いで吹きまくる。

人がいい主人は客の言葉を信じ、そんな旦那様に一つお願いがと切り出す。

それは、宿屋だけではやっていけないので富の札を売っているが、一枚余ったのを買ってほしいというものだった。

金額はいくらだと聞く客に、一分だと答えると、これ以上金を増やしたくはないが、まぁいいだろうと買ってくれた。しかも当たれば半分くれると言うのである。

喜んだ主人は富くじの番号『鶴の千三百五十八』を控えた。

主人が部屋を出ると、とうとうなけなしの一分も取られてしまったとぼやく客。

ところが、まさかの『鶴の千三百五十八』が、一番富の千両に当たったのだ。

宿屋に戻った客が気分が悪いと言うと、女房は気を利かせて階下に床を延べて寝かせてくれた。

そこへ主人が踊るように帰ってきて「二階のお客様に売った富くじが千両当たったぞ」

『それは良かったね。これでもう旅籠賃の取りっぱぐれはないね』

「お前にはまだ話してなかったが、半分の五百両がもらえるんだよ」

半額をもらえると確認した亭主が、お祝いに一口差し上げたいと言ったが、千両ばかり当たって祝いだなんてと渋る客。

そういわずにと布団をめくると・・・・

やはりこの演目は五代目柳家小さん師匠の高座は聞いておきたいですよね。人間国宝にもなった名人の一席を是非お楽しみ下さい。
個人的にオススメの音源は古今亭志ん朝さん。いつも大爆笑させて頂いております。

スポンサーリンク