名作 古典落語「親子酒」あらすじ

スポンサーリンク

お酒をテーマにした演目は数多くありますが、どれも面白くおすすめしたい演目ばかりです。
今回ご紹介する「親子酒」はとても有名で落語初心者の方にも分かりやすいので選びました。

もともと短い噺なので、この噺単体で演じるよりマクラとして披露する事も多いですね。短いが故に色々とアレンジして演じる噺家さんも多いので、噺家さんの凄さが良く分かる噺と言えるかもしれません。

古典落語 親子酒

五代目古今亭志ん生や五代目柳家小さんなど伝説の名人も得意としていたこの演目。
お酒を飲む、酔っ払うなどの描写は噺家さんの見せ所ですからね。本当に酔っ払ってんじゃないの?なんて思ってしまう凄さがやっぱり凄いなぁと。

「親子酒」は難しい言葉や背景など無く気軽に楽しめるお噺なので、初心者の方にも是非聞いて頂きたいと思ってます。

あらすじ

お酒が大好きな父親。その息子ももちろん大酒飲み。。父親は、息子の酒癖の悪さを気にかけていました。
ある日、父親は息子にある約束を持ちかけます。

「お前だけに酒を止めろと言っても無理だろう。一緒に禁酒しよう」
父親の言う事を聞き入れ、息子と父親二人の禁酒が始まった。

しかし元々お酒が大好きな親子。それも長くは続かないもの。。

父親は女房に、それとなくお酒を求めてしまいます。しかし、息子との約束を知っている女房は飲んではいけないと亭主を叱りつけます。ただ長年連れ添った亭主の性格を知っている女房。何を言っても無駄だという事も分かっています。
結局、一杯だけという約束でお酒を出す事に。。。

久しぶりの酒が嬉しくてたまらない父親。酒をぐぅーっと飲み干すと「お代わり!」と女房に酒を要求します。
『何言ってんだい!一杯だけって言ったじゃないか』
「一杯と言おうが、もう一杯どうぞって言うのが女房だろう。息子が帰ってくる頃には寝ちまうから大丈夫だ!」
結局、飲み続けてしまう父親。。。そんな時、息子は帰ってきました。

しかし、息子の様子がどうもおかしい。。赤くなった顔に呂律も回ってない。呆れた父親は何で酔っているのか問いただしたところ。何でも得意先の旦那さんに勧められ、どうしても断る事が出来ずに飲んでしまったとの事。
『父さん、やっぱり酒はやめられませんね』なんて言う息子に父親は激怒する。
「馬鹿野郎!母さん、さっきからこいつの顔がいくつにも見える。こんな化け物には身代は渡せない」
と言い放った。すると息子も・・・・

おすすめの名演

CDで蘇る名演、是非聞いて下さい!

そしてDVDで見れる「親子酒」。お酒の演目の名人!桂枝雀の名演はDVDで!
スポンサーリンク